★私たちのできること&ガイド実績★↓

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
        

月別ページ

★西表島 ピナイサーラ滝 南十字星の島 石垣島&宮古島4島 歩くエコツアー 東京発/大阪発/名古屋発/静岡発/福岡発

0

    体力3 技術4 沖縄 【4日間】

    渓流足袋レンタル付、憧れの南十字星の観察チャンス3回

    南の島での憧れ「南十字星」を日本で見られるところが、

    八重山諸島です。行けば簡単に見られるというものでは

    なく、星と月と太陽の関係、空気の澄み具合、他の星を

    手掛かりにする探し方、にせ南十字星との区別など、

    専門知識が必要です。宇宙に詳しいツアーリーダーが

    同行し、アドバイス&エピソードをお話しします。

    宮古島では、橋自体の構造美、周囲に広がる

    エメラルドグリーンの海、その先に西平安名岬や大神島、

    白砂のビーチを望む優れた景観を歩いて堪能します。

    歩くことの相乗効果で、命のエネルギーを感じて、

    明日への活力を充電しましょう。

     

    2018年1/26(金)〜29(月)

    講師 宮古島観光協会など  

    食事 朝2、昼3、夕0食付 食事場所の紹介あります

    大阪・名古屋・福岡   158,000円

    東京・静岡       168,000円

    補足 海況、月齢と南十字星南中時間、航路運航、

    航空路など現地事情により日程行程が変更になる場合が

    あります。

    詳細はカタログをご請求くださいませ。↓

     

    営業時間 月〜土9:00〜17:00 日祝休

    ■メール: arukuecotour●hotmail.co.jp

    ●=@に変えてご利用ください。 

    担当:有吉

    旅行企画・実施:静岡県知事 登録旅行業 第2−304号

    全国旅行業協会会員

    株式会社クローバートラベル 

    首都圏営業所

    TEL044-299-7464

    FAX 044-299-7464

    〒213-0033川崎市高津区下作延6丁目30番3−315号 

    総合旅行業務取扱管理者 有吉寿樹

     

    静岡本社

    TEL054-251-4681 

    FAX 054-251-4682 

    〒420-0823静岡市葵区春日2丁目11番8号  

    総合旅行業務取扱管理者 前田慎次

     

     


    ★西表島サガリバナクルーズとウミショウブ 歩くエコツアー 東京発/大阪発/名古屋発/静岡発/福岡発

    0

      体力3 技術4 沖縄 【3日間】

      梅雨明け後で、天候が比較的安定している時期

      西表島に憧れの花を求めて 

      サガリバナの最盛期は、朝、水面を覆い尽くすほど

      浮かびます。水上からその美しさに感動。

      この状態に出会える潮目を分析し、最良の日を

      選びました。カヤックぐらいの大きさの小型船でクルーズ。

      漕ぐ必要がないのに、サガリバナに接近できるから

      ラクラク観察。 観察は夜と朝の2回行います。

      それぞれ予備日があるのも安心です。

       

      2018年7/12(木)〜14(土)  

      講師 現地案内人 

      食事 朝2、昼0食事場所の紹介します、夕2食付

      大阪・福岡  148,000円

      静岡       169,000円

      東京・名古屋 158,000円

      詳細はカタログをご請求くださいませ。↓

       

      営業時間 月〜土9:00〜17:00 日祝休

      ■メール: arukuecotour●hotmail.co.jp

      ●=@に変えてご利用ください。 

      担当:有吉

      旅行企画・実施:静岡県知事 登録旅行業 第2−304号

      全国旅行業協会会員

      株式会社クローバートラベル 

      首都圏営業所

      TEL044-299-7464

      FAX 044-299-7464

      〒213-0033川崎市高津区下作延6丁目30番3−315号 

      総合旅行業務取扱管理者 有吉寿樹

       

      静岡本社

      TEL054-251-4681 

      FAX 054-251-4682 

      〒420-0823静岡市葵区春日2丁目11番8号  

      総合旅行業務取扱管理者 前田慎次


      ★個性的で美しい島 波照間島の魅力はこれ。歩くエコツアー

      0
         有人島として日本最南端に位置する波照間島は、

        日本ではなかなか見えない南十字星を見ることができます。

        さらに最南端だからこそ楽しめるものが、

        日本の海とは思えないほどに美しい海。

        海の色は、海底の砂の色に影響されますが、

        日本の他の海底が岩石に由来するのがほとんどであるのに対して、

        八重山諸島の海底はサンゴ礁由来の白砂です。

        八重山の海の中でも、波照間島は最南端だけに外洋に面し、

        潮どおりが良いので、透明度がより高く、美しい青さが白砂に映えます。

        ★西表島 ゲータの滝はこんな感じ 歩くエコツアー

        0
          20120628_2403077.jpg
          爽やかな沢を登っていきます。

          渓流タビ、ヘルメットも貸していただけるので装備の心配ありません。

          梅雨開けすぐの時期なのに、気になっていたヒルも全くいませんでした。

          ★西表島で一度は見たいサガリバナ 歩くエコツアー

          0
             西表島で一度は見たい、カヤックで早朝にサガリバナを見に行くのは、

            6月末 梅雨明けすぐが天候が安定していいですよ。

            夜に咲く様子が妖艶で、朝には落ちてしまうサガリバナ。

            朝落ちた花が川に浮かんで流れていく光景はとても幻想的な眺めでした。

            西表島サガリバナ観察は漕ぐ必要がない理由

            0
              20120805_2634361.jpg
              これ以上小さい汽船はないといういうぐらい小さい汽船でサガリバナの川を遡ります。

              途中、水深数十センチの極めて浅い区間もこの小さい船なら大丈夫です。

              海況、風向きに左右されるシーカヤックよりも簡単にサガリバナにアプローチできます。

              またサガリバナへの接近もシーカヤック並にできるので、

              感動も同じように素晴らしくなります。

              西表島の魅力ヤエヤマボタルはこんな感じ

              0
                ヤエヤマボタルは

                体長4〜5mmしかない小さなホタルですが、

                本土のホタルと違い、非常に早く点滅します。

                夕暮れ時から夜にかけて生息する森で待っていると

                周りから少しずつ点滅はじめ、

                時々自分の目の前でも光りながら飛び回ります。

                それが群れとして次々に点滅すると、

                驚きと感動のイルミネーション光景のようです。

                西表島では2月下旬から4月上旬まで見られます。


                西表島滝歩きはこんな感じ。

                0
                  20120810_2666732.jpg
                  必要な装備(ヘルメット、沢渓流シューズ、手袋、防水バック)は全て借りれます。

                  水かさはひざ程度で、股下に水はかかりません。

                  ヒルの心配もありません。

                  西表島 ゲータの滝への道はこんな感じ

                  0
                     120625_1419~02.jpg


                    ★西表島サガリバナと日本最南端波照間島はこんな感じ 歩くエコツアー 

                    0
                       2009年7月2日(土)晴れ

                      今日は波照間島ハイキングです。

                      7時の朝食後7:50にホテルを出発、

                      離島ターミナルまで15分の歩きです。

                      乗船客の混雑で10分遅れの08:30に石垣港を出発しました。

                      波照間航路はシケのための欠航が多く(一昨日も欠航していました)

                      心配していましたが、10分遅れの08:30に石垣港を出発しました。

                      強い南風の影響で沖には3mの波があり、

                      ところどころで大きな波を乗り越えるために減速するくらい船は揺れ、

                      皆さん大苦戦されていました。

                      40分遅れの10:10に波照間港に到着です。

                      下船後少し休憩した後に、中心部の名石集落に向けて出発しました。

                      サトウキビ畑の中、アスファルトの道を歩きます。

                      20分で名石集落に到着しました。

                      目的地の日本最南端までは徒歩でまだ40分以上かかります。

                      旅程的に徒歩での往復は無理と判断しましたが、

                      何とか皆さんを最南端までお連れしたいとの思いで送迎してくれる人を探したところ、

                      『SUN輪車』のご主人のご厚意で送迎していただく事になりました。

                      車で10分、全国各地から集められた石で造られた2匹のヘビの道を歩いた先に

                      『日本最南端之碑』はありました。

                      「やっとの思いでここまで来た!」との思いで皆さん感慨深げな面持ちでした。

                      日本最南端の平和の碑の前で撮った集合写真は良い笑顔をされていましたよ。

                      帰りは昼食会場の『花HANA食堂』まで送ってくださいました。

                      花食堂での注文は、沖縄名物『タコライス』と『カレーライス』に分かれました。

                      食後の島最後の散策はクリームソーダーのような色の『ニシの浜』です。

                      八重山では『北』の事を『ニシ』と呼びます。

                      八重山群島でも一二を争う美しさと言われる砂浜に皆さん感動されていました。

                      あっという間の波照間島での滞在時間の3時間が過ぎました。

                      ニシの浜から波照間港まで歩き、13:15発の高速船で石垣に向かいます。

                      往路がものすごい揺れだったので復路も心配しましたが、

                      たった4時間で波は殆どなくなっていて、

                      揺れもほとんどありませんでした。

                      昼食後の乗船でとても心配しましたがホッとしました。

                      石垣港には定刻の14:15に入港。

                      ホテルに預けた荷物をもらってタクシーで石垣空港へ。

                      石垣空港から那覇空港までは同じ飛行機ですが、

                      那覇空港からは行き先が違うので

                      石垣空港で名残惜しみながらのお別れのご挨拶をしてここで解散となりました。

                      皆様目的の『サガリバナ・日本最南端』が達成された事、

                      そして現地の方の温かさを肌をお感じ頂けた事で、

                      充実したツアーになった事と思います。

                      また皆さんとご一緒できたらと思います。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

                      | 1/2PAGES | >>