★私たちのできること&ガイド実績★↓

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
        

月別ページ

★奥尻島フットパスのサインはこんな感じ 歩くエコツアー

0
     
    奥尻島

    奥尻島内要所に掲示してあるフットパスのサインです。

    ツアー詳細はこちら春

    ツアー詳細はこちら秋


    ★奥尻島を歩くエコツアーを終えて 2013年は震災20年にあたる年 

    0
      奥尻島

      今年、奥尻島は震災20年にあたる節目の年でした。

      この時に奥尻島を訪れ、島を歩いて、島の方にお話しを伺い、島の様子を肌で感じたのは、

      とても心に残る旅となったのではないでしょうか。

      皆様、島の幸のお土産(ウニ、ワイン、昆布など。。)を楽しまれながら、

      歩いたフットパスを地図で眺めながら、

      今回の旅を振り返っていらっしゃることでしょう。

      日本は小さい国かもしれませんが、

      離島の多様さは千差万別で、

      海外旅行並みに刺激的です。

      またの機会に、ご一緒に歩いて楽しみましょう。

      ツアー詳細 春編はこちら

      ツアー詳細 秋編はこちら。

      ★奥尻島ツアーの観光でこだわっていること フットパス全コースを歩く

      0
         奥尻島の自然と文化を五感で感じるには、

        島の見所を結んで歩くために整備されたフットパスを歩くのが一番です。

        歩くエコツアー奥尻島では、このプットパス全4コースを3日間かけてじっくり歩きます。

        また、ただ歩くだけでなくて奥尻島の事情に詳しい講師が同行しますので、

        奥尻島のことが本当に良く解ります。

        それに加えて、奥尻島の位置だからこそできたブナの森も歩きます。

        奥尻島をフェリーで離れる時には充実感に満たされることでしょう。

        ツアー詳細はこちら。





        ★奥尻島 観光だけでなくフットパスを全部歩くエコツアーはこんな感じ

        0
          20120920_2971781.jpg
          北海道日本海に浮かぶ奥尻島には

          島の自然と文化を堪能できるフットパスが3つほどあります。

          そのフットパスをできるだけ全部歩くのが弊社の歩くエコツアー。

          自然に詳しい講師が同行するから、知的充実感も十分あります。

          観光と海の幸だけで満足できない方におススメです。

          ツアー詳細はこちら。秋編

          ★歩くエコツアーの紹介 北海道・奥尻島と大沼の駒ヶ岳展望 島好きの憧れフットパス全コースを歩く

          0

            【お客様の声】
            島全体が印象に残りました。
            豊かな自然を体験できた。
            いろいろな花を知った。海が美しかった。
            光り輝く海の青さ、空の青さ
            海の景色、鳥の鳴き声でカンタン虫を覚えた。
            歩きながら小さなカメムシ見つけるとかカンタンも実際に見られたし、花、その他のこともよく知って、わかりやすく話してもらった。
            ミゾソバの根の花、カタバミの葉で10円玉がきれいになるなど。
            難しい学問的ではないお話の仕方がよかった。
            食事がとても美味でした。特に夕食は食べきれない程のご馳走ですっかり満足いたしました。





            奥尻島球島山からの展望はこんな感じ。歩くエコツアー

            0
               北海道本土〜水平線まで迫力ある270度展望。
              奥尻島いちばんの名所、鍋釣岩なべつりいわも展望できます。

              奥尻島はブナの島。

              離島のブナ林として北限ですが、その規模は広大です。


              市街地や海岸近くまでブナが生息しています。

              海岸近くにまで生息するブナは珍しいです。

              このブナ林が魚付き林となって奥尻島の豊かな海産物を支えています。

              「フットパス」とは、イギリスを発祥とする“森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】”のことです。

               イギリスではフットパスが国土を網の目のように縫い、国民は積極的に歩くことを楽しんでいます。

               近年、日本においてもさまざまな地域において、各々の特徴を活かした魅力的なフットパスが整備されてきています。

              詳しくは日本フットパス協会をご覧下さい。


              奥尻島は、北海道の南西部の日本海沖に位置しています。
              北海道本土の渡島半島西部の町、せたな町から最短約17kmの沖合いです。

              奥尻島の面積は利尻島より小さく、礼文島より広い。
              海岸線は84kmもあり、北方領土を除くと海岸線の長さでは、北日本の島では最長です。
              意外に大きい島です。


              奥尻島の最も標高の高いところは神威岳584mですが、
              そんなに高く感じられません。
              尾根地形があまり目立たず、丘のようななだらかな地形だからでしょう。

              奥尻島は自然林が豊かに残っています。
              そのほとんどはブナ林です。
              その特徴は温帯性の植物の豊かさです。

              また奥尻島では山の麓のほうと、上の方とで、植生に目立った違いがありません。

              要するに全山がブナ林で、温帯性の植物が山の上のまで現れる一方、本州以南だと亜高山性の植物が山の麓にも現れるなど、両者が混在しています。

              奥尻島にはヒグマ、マムシがいないので安心して歩けます。

              ツアー詳細はこちら。秋編


              奥尻島フットパスを全て歩くツアーの魅力はこれ

              0
                9/25-27 奥尻島フットパスの続きです

                島は18年前に大津波に襲われ160名以上の方々が亡くなってしまいました。。

                現在は人口3100名で、若い方はやはり島を出ていってしまっています

                でも自然がいっぱいで静かでのどかで気候も温暖で北海道で1番暖かいです

                球島山からの眺めです

                フットパスCコースは短いですが、自然道も歩きました

                地元の佐藤ガイドが詳しく説明してくださりました

                街中を案内していただいている間にも行き交う方が頑張ってねと声をかけたり 中に入ってお話に入ったりして楽しい時間が流れます

                場所によって個性がいろいろですね。

                ここにも弾痕笹ありました

                前回載せ忘れましたがナナフシ

                そしてエキサモンキツカメムシ

                弁天様、上まで階段上がりましたね

                生もの苦手なお客様に特別注文したイカ天丼 こちらのほうが美味しそう〜との声も!

                夕食 あわびも。 日本海もぬるいよ!と齋藤講師

                イチロも使っているバッドの木、アオダモ。

                帰りのフエリーにいたウニマルくん、バイバイというと「佐藤です。。」 ええっ! さっきまでご案内して頂いた佐藤ガイド♠ さすが一人何役も!

                思った以上に快晴に恵まれ連日暑く大変でしたが、海辺や小高い丘、小さな山や神社、街中、 国立公園、楽しかったですね

                ご参加の皆様、旬で大変美味しいとはいえイカが朝晩続いてしまい申し訳ありませんでした^。^:

                夕食はカニやアワビだったのでホっとしました(笑)

                待ち時間多かったですが、奥尻島で全フットパス歩いたツアーは初めてだそうです

                ご参加ありがとうございました♠♥

                手配の蛭田さん、初めての奥尻フットパスツアーありがとうございました、

                食事も美味しく、斎藤講師も素晴らしかったです☛

                大沼の駒ヶ岳展望ハイクと奥尻島フットパスの全コースを歩くツアーはこんな感じ

                0
                  9/25-27

                  男性1名&女性9名 総勢12名で奥尻島フットパスを全ルートを歩いてきました

                  蓴菜(ジュンサイ)沼へ ここからの駒ヶ岳は美しい♫

                  皆さんゆったり歩けました♥

                  冬の花ワラビ 函館から江差に行く途中のとても大きな大沼国立公園へ

                  大沼と駒ヶ岳とやくさんの浮島、スギゴケ、スナゴケ、大きなブナの木が根をはっています

                  コケは地表面の乾燥を防ぎ、他の植物が入りやすい環境を作っています、

                  叉、大きなブナは自分を支える為に地面をガッチリとつかんでいるので地崩れが起きにくいです

                  この日はすごい快晴で浮島が湖面に映り幻想的でした

                  水面にはスイレンやコウホネがたくさんあったので6月〜7月は綺麗でしょうね

                  駒ヶ岳の噴火でせきとめられあふれ出た水でつくられたせき止め湖なので噴出物によって 島が作らました、

                  浮島は繁殖しているヨシが湖底に根をはっているが台風や強風、

                  強い波 の影響で浮き上がり本体から話されてプカプカ浮いているので、たくさんの浮島がまた 雰囲気を醸し出しています

                  名物だんごを皆で食してフエリーへ移動です

                  にしんそば定食を召し上がって頂き さあ、いよいよ奥尻島に渡ります、

                  夜のフエリーがロマンテイックですね、お客様はたっくさんいらっしゃいましたよ

                  翌日は朝食をゆっくりとって頂きフットパスのAコースを回ります

                  タクシーで観光もしながらスタート地点まで移動です

                  ドライバーさんは楽しい男性の方とうら若き可愛い女性2人でした

                  鍋釣岩 朝食 フットパスAコース のどかな牧草地がスタートです  

                  ミソソバがたっくさん♥ 続きはまた後で

                  春の奥尻島 島好きの憧れフットパス全コースを歩いて観察できる花はこれ 歩くエコツアー 

                  0
                     エゾエンゴサク
                    キクザキイチゲ
                    マイヅルソウ
                    エンレイソウ
                    ツバメオモト
                    ノビネチドリ
                    などです。


                    奥尻島フットパスはこんな感じ

                    0
                       120928_1139~01.jpg

                      美しい海岸線を展望しながら歩きます。


                      | 1/2PAGES | >>