★私たちのできること&ガイド実績★↓

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
        

月別ページ

★2017年8月21日 一生に一度の皆既日食をアメリカ イエローストン滞在のツアーで!

0
     皆既日食のふしぎ Q&A

    皆既日食とは?

    太陽の一部分、もしくは全体が月によって覆い隠される日食現象のうち太陽の全体が隠される珍しい現象です。

    その魅力とは?
    真昼なのに周囲が暗くなり、動植物の変わった動きを観察できます。普段は太陽そのものの輝きに妨げられて見ることができないコロナや紅炎の観察が可能になります。太陽がすべて隠れた直後、太陽の光が一ヵ所だけ漏れ出て輝く瞬間がある場合があり、それは美しく、ダイヤモンドリングと呼ばれています。

    2012年皆既日食ツアー オーストラリアケアンズ

    0
       2012年はオーストラリア北部のクイーンズランド州、ケアンズ近郊で皆既日食が見られます。
      11月14日の6時38分頃に皆既日食が始まり、6時40分頃に皆既日食が終わります。
      日本から直行便で7時間程度で行く事ができる身近な旅先です。
      南十字星、マゼラン星雲、長寿星カノープスなど日本ではなかなか体験できない南半球の星空も観察できるチャンスです。

      ケアンズ周辺の地理に詳しいツアーリーダーが同行。
      前日の日食同時刻に観測候補地の下見を行なう充実行程です。

      ケアンズの宿泊は、便利な市内の中心部確保。 エスペラネードも徒歩圏です。

      【ツアー実績】
      2009年7月 屋久島  皆既日食 26名
      2010年1月 中国青島 金環日食 9名

      皆既日食を屋久島で

      0
         皆既日食を屋久島で

         皆既日食を屋久島で


        ◆2009年7月21日(月)雨

        このツアーでのお客様は、東京から22名様、松山から1名様(屋久島での合流で
        す)、名古屋から1名様、広島から1名様の総勢25名様のお客様が鹿児島空港
        で合流する予定でしたが、山口県の豪雨による土砂災害の影響で広島からから
        ご参加予定のの川下さんが飛行機の欠航で不参加となってしまい、お客様は総勢
        24名様となってしまいました。
        ガイドは樹木医・森林インストラクターの石井誠治先生です。自然漫談が評判で、
        どなたにもわかりやすい解説をしてくださいます。好奇心旺盛でいつもキラキラ
        と輝く少年のような瞳をお持ちの石井先生、私もファンになってしまいました。
        鹿児島は梅雨を思い出させるように湿度が高く雨が降ったりやんだりしています
        。まずは、大型バス(貸切)に乗り蒲生八幡神社の大楠(オオクス)観察に向かいま
        す。胸高24.m、樹齢は約1500年の日本一太いクスノキ。幹の中は空洞に
        なっていて幹上部まで空間が広がっています。大きなタコのようなクスノキの生
        命力に圧倒されました。
        八幡神社を後にして鹿児島本港へ向かいます。15:50発の高速船で屋久島安房港
        へ。鹿児島湾を、桜島を左に開聞岳を右に見ながら屋久島に向かって南下します
        。鹿児島湾内には波はあまりありませんでしたが、外洋(東シナ海)にでると意外
        にうねりがありました。途中原因不明のエンジン停止があり無動力状態で海上を
        数分漂ったために高速船は相当揺れました。
        定刻より20分遅れの18:50に安房港に到着、バスに乗り換え10分で今日明日の宿
        の民宿前岳荘に到着しました。気になる明日の天気予報は、雨かぁ・・・


        ◆7月22日(火)雨

        さあ、皆既日食当日がやってきました。・・・しかし天気は朝から雨、重苦しい
        空気が流れます。朝食後宿を出発、太陽を求めてバスは南西に移動します。尾之
        間を過ぎ平内まであたりまで行きましたが霧雨で太陽が全く見えません。食が始
        まる09:37が過ぎましたが相変わらずの雨空で、雲の向こうがどうなってい
        るのか全くわかりません。南部での日食観察は諦めて比較的雲が切れている確率
        の高い東部から北部に移動する事にしました。ガイド・石井ガイドと相談の結果
        、宿泊宿の前岳荘駐車場で皆既日食を見る事としました。前岳荘に着いたのは1
        0:30頃で、あたりは少し薄暗くなっています。石井ガイドを前に皆さんは南
        の空を見上げます。皆既食にだんだんと近づいてくるにつれて辺りもだんだんと
        暗くなってきました。10:56皆既食の開始です。辺りは暗くはなりましたが
        雲が乱反射しているせいか真っ暗にはなりません。夕焼けのように赤く見えるは
        ずの水平線も厚い雲のせいで見る事ができませんでした。10:59皆既食が終
        わり、あたりはだんだんと明るくなってきました。残念ながら皆既日食を見る事
        はできませんでしたが、肌で感じる事は出来ました。
        前岳荘で昼食のお弁当を食べ、気を取り直して白谷白雲峡へ自然休養林の観察ハ
        イクです。白雲峡の駐車場にNHKの中継車が皆既日食中継の後片付けをしてい
        ました。角にある涌き水を汲み出発です。宮之浦川支流白谷川の脇のハイキング
        コースを歩きます。さつき吊橋を渡り、楠川歩道・くぐり杉・七本杉・もののけ
        の森へと進みます。もののけの森で集合写真を撮りました。もののけの森の奥に
        屋久鹿もいましたね、感動的でした。苔生す歩道をどっぷりと森林浴につかりな
        がら気持ち良く歩くことができました。宿に戻り、夕飯は鹿児島黒豚の焼き肉に
        舌鼓を打ちました。


        ◆7月23日(水)晴れ

        05:30、種子島近辺から登る美しい朝陽から今日が始まりました。
        朝食後バスに乗りヤクスギランドへ向かいます。まずはヤクスギランドの先にあ
        る紀元杉へ行きました。標高1230m、林道の右脇に立つ紀元杉は樹齢約3000年、
        樹高は19.5m、胸高8.1mもある堂々たる屋久杉です。台風や大雨にも負けずに
        3000年も生き続けているこの巨木、私も彼のようにどんな嵐にも負けず一所懸命
        に生き続けたいと感じました・・・
        紀元杉の後はヤクスギランドです。管理棟で協力金を支払い、80分コースを散
        策しました。ときめきの径から千年杉歩道を歩き泉林橋・千年杉・荒川橋・苔の
        橋・沢津橋・仏陀杉・くぐり杉・清涼橋と仏陀杉歩道→ふれあいの径と歩き、出
        入口の管理棟へと戻ってきました。屋久杉をはじめとした樹木たちにその周りの
        苔とマイナスイオンたっぷりの空気・・・とても気持ちの良い3時間でした。
        屋久島に別れを告げ14:00発の高速艇で鹿児島本港に出航です。帰りの海は凪で全
        く揺れず快適な船旅となりました。予定通りの16:00に鹿児島に着き、松山の横山
        さんとここでお別れしてバスは鹿児島空港へ。空港でお別れのご挨拶をして解散と
        なりました。

        メインの皆既日食は残念な結果となりましたが、白谷雲水峡・紀元杉・ヤクスギ
        ランドといった屋久島を代表する素晴らしい大自然を石井誠治先生がわかり易く
        楽しく解説してくださりました。
        皆様が屋久島を十分にご満喫され楽しまれた事と思います。
        3日間、ありがとうございました。


        | 1/1PAGES |