★私たちのできること&ガイド実績★↓

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
        

月別ページ

★歩けないのは加齢のせいとあきらめるのはまだ早い理由

0
    「こ んにちわ!しばらく振りにメールありがとう。

    実はこの春から膝を痛めて山には行っていません。

    もう山はダメです、平地ならば少し歩ける程度、

    情けないです。加齢に依るもの。残念です。」

    というお便りいただきました。

    膝を痛められて山への気持ちが萎えたのは寂しいですね。

    昨年、私は膝を骨折して、全く歩けなくなり、膝も曲がらなくなりました。

    病院でのつらいリハビリを頑張っていたのに、

    担当医師は、「これ以上リハビリしても、膝は曲がらず、正座は今後できないでしょう」

    とリハ ビリの継続を強制中止されました。

    頼れるのは加圧トレーニングだけ、と、加圧トレーニングを続けました。

    加圧トレーニングもつらいですが、

    また楽しい歩きを 続けたいから、

    そして、トレーナーに励ましてもらえるのが楽しくて、

    つらいのを我慢して、頑張ったら、4000m級の山も

    ガイドで登れるようになりました。

    1年後に正座ができるようになりました。

    来週はフルマラソンの完走に挑戦します。

    復活したのは、若いからでないです。

    楽しい歩きを続けたいからという気持ちと、

    励ましてくれるトレーナーがいたから、

    つらいのを頑張れました。

    また歩くのを復活されたかったら、

    加圧トレーニングを試してはいかがでしょうか。

    ★加圧トレーニングで3700m峰登山&フルマラソン完走を目指そう!2/4

    0
       2014年夏に控えるインドネシア、リンジャニ峰登山(3726m/富士山登山とよりも体力レベルが必要)

      2014年冬のホノルルマラソン

      を目標に通い始めた

      加圧ジム コスモス溝の口店。

      前回の右脚の加圧トレーニングの後、1週間経ちました。

      先週のトレーニングでは自転車こぎはできても立ちこぎが

      できませんでしたが、今週は何とか膝周りの筋肉が

      動くようになって、立ちこぎができるようになりました。

      今日のトレーニングもふくらはぎに負荷をかけ、踏み込む力を高め、

      立ったまま、太ももを腰の高さまで持ち上げて

      大腰筋という股関節の筋肉に脚を持ち上げる力を高め、

      脚全体の筋力を維持するようなメニューで行いました。

      30分強のトレーニングで

      筋肉をここまで疲労させてしまう負荷を与えてしまう効果に驚きます。

      こんなに大変きついのに頑張れるのは、

      フォームとか体の中心線とかバランスをを見てくれるマンツーマン対応の

      トレーナーのおかげです。

      無理がないトレーニングなんだと安心して頑張れます。

      グループトレーニングだと、トレーナーがつきっきりということが難しい

      ので、不安なときも出てくると思うんです。

      マンツーマン対応のトレーナーだとそういう不安が少しもありませんね。

      毎週の加圧トレーニングによって、どんな変化が現れるのか記録しています。

      加圧トレーニングとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、

      血流量を適切に制限した状態で体を動かすトレーニングをして

      筋肉に負荷をかけて、成長ホルモンの分泌を促して、

      筋肉を強化するトレーニング法。

      トレーナーにマンツーマンで指導をいただき、

      脚のつけ根を締め付けて、血管の脈動を感じない状態で、

      歩いたり、階段昇降をしたり、30分ぐらいいろいろ動かしました。

      筋力アップには、負荷→栄養→休養のサイクルが欠かせません。

      1週間後にどうなるか楽しみです。

      ★加圧トレーニングで3700m峰登山&フルマラソン完走を目指そう!1/27

      0
         2014年夏に控えるインドネシア、リンジャニ峰登山(3726m/富士山登山とよりも体力レベルが必要)

        2014年冬のホノルルマラソン

        を目標に通い始めた

        加圧ジム コスモス溝の口店。

        前回の右脚の加圧トレーニングの後、1週間経ちました。

        先週のトレーニングでは自転車こぎのトレーニング=エアロバイク

        のサドルを最も低くしてこぐことができましたが、その後、

        膝の曲がり具合がよくなって、

        3ヶ月ぶりに自転車に乗れるようになりました!

        まだ立ちこぎができませんが、歩く世界が広がった大きな成果です!

        家族で祝杯を挙げました。

        「若いから回復が早い。」ではないです。

        数日前の診察では「あなたの膝内側が痛いのは、ケガによって

        膝関節の配置が変わってしまったので、状態は70代ぐらいの膝

        と同じになったからです。」

        と衝撃なお話がありました。

        そのような膝でもトレーニングによって力を増していける成果だ

        ということです。

        階段の昇り降りの痛みがさらに少なくなってきて、

        継続したトレーニングの成果が現れています。

        今日のトレーニングもふくらはぎに負荷をかけ、踏み込む力を高め、

        立ったまま、太ももを腰の高さまで持ち上げて

        大腰筋という股関節の筋肉に脚を持ち上げる力を高め、

        脚全体の筋力を維持するようなメニューで行いました。

        今日のトレーニングもきつく感じました。

        大腰筋は意外にも歩きに重要な筋肉であることがわかりました。

        登山していると、自分では脚を上げて進んだつもりなのに、

        つまずいてしまう。最近よくあります。

        大腰筋が強くなると、太ももが上がるようになり、つまづきが

        少なくなります。

        ランニングマシーンでの歩行のこつをコスモスの社長から

        直伝を受けました。

        傾斜は最初からつけるのではなく、

        通常の歩く速さ(4〜5km/h)に慣れてから、

        傾斜角度をつけていくように。

        あと足裏がベルトにこすれている音がするので、

        膝を意識して上げて歩くこと。

        これはマシンによるケガを防ぐことにもなります。

        トレーニング最大の敵はケガですからね。

        速さは4.0km/hで傾斜角5度で継続して歩けました。

        力が向上しています。

        あと
        ランニングマシーンで隣同士になった方と会話が弾みました。

        彼女は減量のために加圧トレーニングされているそうです。

        ハワイが大好きで何回も通われている、でもホノルルマラソンは

        参加したことがないというお話でした。

        ぜひトレーニングの目標として体重の数値とともに、

        マラソン、登山など、自身の体力向上を試すイベント参加も

        加えていただきたいですね。

        トレーニングへのますます動機付け&人生の生きがいと

        なることでしょう。

        トレーニング後に事務所に戻ると、今週も大きな疲労感です。

        ふくらはぎは筋肉痛。

        30分強のトレーニングで

        筋肉をここまで疲労させてしまう負荷を与えてしまう効果に驚きます。

        毎週の加圧トレーニングによって、どんな変化が現れるのか記録しています。

        加圧トレーニングとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、

        血流量を適切に制限した状態で体を動かすトレーニングをして

        筋肉に負荷をかけて、成長ホルモンの分泌を促して、

        筋肉を強化するトレーニング法。

        トレーナーにマンツーマンで指導をいただき、

        脚のつけ根を締め付けて、血管の脈動を感じない状態で、

        歩いたり、階段昇降をしたり、30分ぐらいいろいろ動かしました。

        筋力アップには、負荷→栄養→休養のサイクルが欠かせません。

        1週間後にどうなるか楽しみです。

        ★加圧トレーニングで3700m峰登山&フルマラソン完走を目指そう!1/21

        0
          2014年夏に控えるインドネシア、リンジャニ峰登山(3726m/富士山登山とほぼ同じ体力レベルが必要)

          2014年冬のホノルルマラソン

          を目標に通い始めた

          加圧ジム コスモス溝の口店。

          前回の右脚の加圧トレーニングの後、1週間経ちました。

          その後、階段の昇り降りの痛みがさらに少なくなってきて、

          継続したトレーニングの成果が現れています。

          先日、歩行10km 累積標高約500mの登山引率を行いました。

          そのときのパフォーマンスがかなりきつくて、このままでは

          リンジャニ峰登山に必要なパフォーマンスまで向上できない恐れを

          感じました。

          今日のトレーニングはふくらはぎに負荷をかけ、踏み込む力を高め、

          脚全体の筋力を維持するようなメニューで行いました。

          これまでのトレーニングで最もきつく感じました。

          また自転車をこぐ運動「エアロバイク」のサドルが最も低い位置で、

          自転車をなんとかこげるようになってきました。

          膝の稼動域も大きく広がりました。

          ランニングマシーンでの歩行では最大傾斜を3.1km/h

          でじっくり歩けました。

          前回は2.0km/hでしたので、力が向上しています。

          トレーニング後に事務所に戻ると、今週も大きな疲労感です。

          ふくらはぎは筋肉痛。

          30分強のトレーニングで

          筋肉をここまで疲労させてしまう負荷を与えてしまう効果に驚きます。

          毎週の加圧トレーニングによって、どんな変化が現れるのか記録しています。

          加圧トレーニングとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、

          血流量を適切に制限した状態で体を動かすトレーニングをして

          筋肉に負荷をかけて、成長ホルモンの分泌を促して、

          筋肉を強化するトレーニング法。

          トレーナーにマンツーマンで指導をいただき、

          脚のつけ根を締め付けて、血管の脈動を感じない状態で、

          歩いたり、階段昇降をしたり、30分ぐらいいろいろ動かしました。

          筋力アップには、負荷→栄養→休養のサイクルが欠かせません。

          1週間後にどうなるか楽しみです。

          ★加圧トレーニングで3700m峰登山&フルマラソン完走を目指そう!1/14

          0
             2014年夏に控えるインドネシア、リンジャニ峰登山(3726m/富士山登山とほぼ同じ体力レベルが必要)

            2014年冬のホノルルマラソン

            を目標に通い始めた

            加圧ジム コスモス溝の口店。

            前回の右脚の加圧トレーニングの後、1週間経ちました。

            その後、階段の昇り降りの痛みが少なくなってきて、

            継続したトレーニングの成果が現れています。

            一方で大腿四頭筋と膝を繋ぐところが痛み出して、

            普通に平地を歩くのも億劫になってきました。

            年始に続いた歩く仕事の連続の影響で局部的に筋肉痛がひどくなっている模様。

            今日のトレーニングは大腿四頭筋に負荷をかけないつつも、

            脚全体の筋力を維持するようなメニューで行いました。

            大腿四頭筋が不調ながらも、成果が現れているようで、

            K野トレーナーによると、これまで大腿四頭筋の弱さを補うために

            ハムストリング(太ももの裏の筋肉)で膝を持ち上げていたから、

            膝を持ち上げてもすぐに落ちていたが、

            今回膝を持ち上げると、大腿四頭筋をちゃんと使えて

            一定時間持続している成果がありました。


            ランニングマシーンでの歩行に傾斜を取り入れてみました。

            そうすると登山をしているような臨場感になってきて、

            登るための筋力がついてきているのが実感できて、

            わくわく歩けました。

            平均2.0km/hのスピードで歩けました。

            傾斜をつけると、じっくりゆっくり歩けるので、体の内部から暖まってくる感じもいいですね。

            トレーナーのK村さんによると、焼き魚の焼き具合に例えられるそうです。

            平地のウォーキングは、魚を強火で焼いた感じなので、表面的にしか暖まらなく、

            全体的な体温が上がるのに時間がかかりますが、

            傾斜のあるウォーキングは、魚を弱火で焼いた感じなので、中までじっくり暖まるそうです。

            トレーニング後に事務所に戻ると、今週も大きな疲労感です。

            ふくらはぎに早速筋肉痛です。

            30分強のトレーニングで

            筋肉をここまで疲労させてしまう負荷を与えてしまう効果に驚きます。

            毎週の加圧トレーニングによって、どんな変化が現れるのか記録しています。

            加圧トレーニングとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、

            血流量を適切に制限した状態で体を動かすトレーニングをして

            筋肉に負荷をかけて、成長ホルモンの分泌を促して、筋肉を強化するトレーニング法。

            トレーナーにマンツーマンで指導をいただき、脚のつけ根を締め付けて、

            血管の脈動を感じない状態で、歩いたり、階段昇降をしたり、30分ぐらいいろいろ動かしました。

            筋力アップには、負荷→栄養→休養のサイクルが欠かせません。

            1週間後にどうなるか楽しみです。

            ★加圧トレーニングで3700m峰登山&フルマラソン完走を目指そう!1/6

            0
              2014年夏に控えるインドネシア、リンジャニ峰登山(3726m/富士山とほぼ同じ体力レベル)

              2014年冬のホノルルマラソン

              を目標に通い始めた

              加圧ジム コスモス溝の口店。

              前回の右脚の加圧トレーニングの後、2週間経ちました。

              最近は、山とか階段を登る筋力の少なさを実感してスランプ状態でした。

              そんな中で江戸東京百名山を引率したところ、

              歩くスピードについては、終始ご参加の皆様よりも速く、

              引率に問題ないレベルでしたので一安心。

              私のケガの事情を知るお客様たちは、「回復に2ヶ月というのはとても早い」

              ととても驚かれていました。

              一方でその回復の早さを「若いから」で皆さん片付けていましたが、

              そうとは思えません。

              継続したトレーニングの成果が現れたんです。

              みなさんも「若くないから」と諦めながら、

              自分の体力と妥協できる範囲で歩かれているのなら

              ぜひ前向きに加圧トレーニングなどを試していただき、

              無理と思っていた体が調子よく動いたり、体力筋力がアップしたり

              を実際に体感してほしいと思います。

              自分の足腰の筋力アップ、調子よい体の動きに、

              歩きたいことの夢がどんどん膨らんでくることでしょう。

              今週もレッグエクステンションに挑戦。

              2週間前、最も軽い4.5kgおもりでさえ少しも持ち上げられない私の右脚が

              今日はわずかにおもりを持ち上げられました。。

              また前回と比べて歩行スピードが格段に上がりました。

              先週、ランニングマシーンでの歩行は先週の平均3.8km/hから

              平均4.2km/hと一般的な歩くスピードで歩けました。

              フルマラソンの完歩できるイメージができてきました。

              今後は時間記録、例えば6時間台、という目標を設定していきます。

              トレーニング後に事務所に戻ると、今週も大きな疲労感です。

              太もも四頭筋に早速筋肉痛です。

              30分強のトレーニングで

              筋肉をここまで疲労させてしまう負荷を与えてしまう効果に驚きます。

              毎週の加圧トレーニングによって、どんな変化が現れるのか記録しています。

              加圧トレーニングとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、

              血流量を適切に制限した状態で体を動かすトレーニングをして

              筋肉に負荷をかけて、成長ホルモンの分泌を促して、筋肉を強化するトレーニング法。

              トレーナーにマンツーマンで指導をいただき、脚のつけ根を締め付けて、

              血管の脈動を感じない状態で、歩いたり、階段昇降をしたり、30分ぐらいいろいろ動かしました。

              筋力アップには、負荷→栄養→休養のサイクルが欠かせません。

              1週間後にどうなるか楽しみです。

              ★加圧トレーニングで3700m峰登山&フルマラソン完走を目指そう!12/26

              0
                2014年夏に控えるインドネシア、リンジャニ峰登山(3726m/富士山とほぼ同じレベル)

                2014年冬のホノルルマラソン

                を目標に通い始めた

                加圧ジム コスモス溝の口店。

                先週は、右脚の加圧トレーニングの後、

                右脚の筋肉に力が入らなくなり、歩くのもやっとの状態。

                事務所までなんとか帰り着きました。

                その後の忘年会の予定をキャンセルせざるおえないほどの疲労感でした。

                30分強のトレーニングで

                筋肉をここまで疲労させてしまう負荷を与えてしまう効果に驚きました。

                今週はレッグエクステンションに挑戦。

                最も軽い4.5kgでさえ少しも持ち上げられない私の右脚。

                マンツーマン対応で指導してくれるK野トレーナーさんの励ましにも応えられず、

                ここまで歩く能力をなんとか高めてきただけに、ショックです。

                しかし成果もありました。

                先週と比べて歩行スピードが格段に上がりました。

                先週、ランニングマシーンでの歩行は2.4km/h平均のスピードでしたが、

                今週は平均3.8km/hと一般的な歩くスピードで歩けました。

                トレーニング後に事務所に戻ると、今週も大きな疲労感です。

                太もも四頭筋、ふくらはぎ、足首に早速筋肉痛です。

                毎週の加圧トレーニングによって、どんな変化が現れるのか記録しています。

                加圧トレーニングとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、

                血流量を適切に制限した状態で体を動かすトレーニングをして

                筋肉に負荷をかけて、成長ホルモンの分泌を促して、筋肉を強化するトレーニング法。

                トレーナーにマンツーマンで指導をいただき、脚のつけ根を締め付けて、

                血管の脈動を感じない状態で、歩いたり、階段昇降をしたり、30分ぐらいいろいろ動かしました。

                筋力アップには、負荷→栄養→休養のサイクルが欠かせません。

                1週間後にどうなるか楽しみです。


                ★加圧トレーニングで3700m峰登山&フルマラソン完走を目指そう!12/18

                0
                  2013年のホノルルマラソンは、直前の右脚のケガのため、

                  7時間で17kmという結果だった私は、

                  2014年夏に控えるインドネシア、リンジャニ峰登山(3726m/富士山とほぼ同じレベル)

                  2014年冬のホノルルマラソン

                  に向けてケガからの回復に向けて、病院でのリハビリに加えて

                  少しでも回復を早められることができればと思い、経営セミナーで縁のあった

                  加圧ジム コスモス溝の口店に通うことにしました。

                  7時間で17kmとは、距離は歩けるものの、平均スピードは、2.5km/hであり、

                  老化とともに足腰に違和感を感じて、今までのように歩けなくなることが多いシニア世代

                  よりもひどい状態です。

                  これが加圧トレーニングによって、どんな変化が現れるのか記録していこうと思います。

                  加圧トレーニングとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、

                  血流量を適切に制限した状態で体を動かすトレーニングをして

                  筋肉に負荷をかけて、成長ホルモンの分泌を促して、筋肉を強化するトレーニング法。

                  脚のつけ根を締め付けて、血管の脈動を感じない状態で、歩いたり、階段昇降をしたり、

                  S原トレーナーのマンツーマンでの指導で、30分ぐらいいろいろ動かしました。

                  トレーニング終わったあと、わかりやすい変化は、

                  曲がりにくかった膝がスムーズに曲げられるようになった。

                  ジムを出て歩いていると疲労感がどんどん増してきて、家にたどり着くのもやっとだった。

                  7時間で17kmをなんとか歩ききった時よりも大きな疲労感でした。

                  たった30分の運動で、相当な運動疲労感でした。

                  筋力アップには、負荷→栄養→休養のサイクルが欠かせません。

                  1週間後にどうなるか楽しみです。


                  | 1/1PAGES |