★私たちのできること&ガイド実績★↓

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
        

月別ページ

★インドネシア リンジャニ山を歩く魅力はこれ。ロンボク島 歩くエコツアー

0
    歩くことが、異文化理解に大きく役立つと、
    先日、それを深く実感できました。

    7月にインドネシア ロンボク島(バリ島の東隣)の
    リンジャニ山(3726m)へ引率してきました。

    リンジャニ山は、インドネシアで3番目に高い山で、
    日本からのアプローチが比較的簡単で短い行程で登山できるので、
    インドネシアで最も人気の高峰のひとつです。
    (インドネシア最高峰はニューギニア島のジャヤ山4884m、
    2位はスマトラ島クリンチ山     3,805m)


    リンジャニ山3726m山頂で霊峰に祈りを奉げるガイド

    ロンボク島民はイスラム教がほとんどです。
    ちょうどイスラム教の断食シーズンだったため、
    現地のガイドとポーターたちと一緒に歩く交流を通して、
    私たちは、イスラム文化の日常生活の風景&価値観を
    他の時期よりも多く体験できました。

    夜明け前から町にスピーカーで鳴り響くお寺のお経。
    日中は食事、水、たばこを口にしない。
    そのため日没近くになるとそわそわしてくる。
    お酒は、ビールでさえもめったに売っていない。など。

    イスラム教徒というと報道の影響で、過激なイメージがありがちですが、
    大多数の人々は、私たちの生活に比べると控えめな生活をしている
    ということがわかりました。

    歩くことによって、見聞きだけでは知りえないことが見えてきます。
    世界には、日本でさえも、驚かされる生活習慣が地域ごとにあります。
    歩くことは、その習慣に近づけて楽しめ、感動が深まる方法ですね。


    ツアー詳細はこちら

    ★「ロンボク島 リンジャニ山登山ツアー@インドネシア」の魅力とは?歩くエコツアー

    0

      インドネシア バリ島の東隣にある島ロンボク島にリンジャニ山(3726m)があります。


      リンジャニ山登山ツアーは、噂どおり体力的に世界一厳しいツアー登山となりました。

      高山病対策をアドバイスさせていただき、ほとんどの方が登頂できました。

      引率出発前は、世界でもここだけでしか体験できないリンジャニ山の独特の自然が解ってきてワクワクしていました。

      それでも登山とバリ島のリゾート滞在という旅と見なしていましたが、

      実際に引率させていただきますと、リンジャニ山を降りてから、

      個人的に相当カルチャーショックを受けた旅になりました。

      リンジャニ山を下りてロンボク島の俗世間に戻るにつれて、

      私たちのリンジャニ山登山が、

      厳しいながらも「自分自身と対話し、自然と対話するという静かで神聖な貴重な体験」

      であったことが、しみじみと感じられてきました。

      リンジャニ山がインドネシアの三大霊山のひとつ

      (あと2つはジャワ島ラウ山、バリ島アグン山)

      に挙げられるのも納得できました。

      マタラムに戻る途中、静かなリゾートだとイメージしていたスンギギ海岸の大変な喧騒と、

      偶然上陸できたギリ3島のひとつ、アイル島での、文化的に空虚なリゾートを体験することで、

      リンジャニ山登山の神秘さが、ますます大きくなりました。

      また旅がイスラム文化の断食シーズンだったため、

      ガイドと大人数のポーターたちとの交流などを通して、

      イスラム文化の日常生活の価値観&風景を

      他の時期よりも多く体験できました。

      その後、上陸したバリ島はヒンズー教であり、

      日常生活の風景が、ロンボク島と全く異なっていたので、

      ロンボク島での体験がより際立つこととなりました。

      ロンボク島の植生は黄色が多い乾燥した風景なのに比べて、

      バリ島は、緑にびっしり覆われていたことも、

      ロンボク島での体験を際立せることになりました。

      歩くことが、異文化理解に大きく役立つ。

      それを実感した旅となりました。
       

      世界中で嫌われている外来種樹木モクマオウが、

      原生林として山麓に広大に広がり、

      その美しさに感動してしました。

      モクマオウの印象が大きく変わりました。

      モクマオウの森林限界は3100mでした。


      インドネシア リンジャニ山3726m登山ツアーに

      お仲間どうしでご興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ。

      株式会社クローバートラベル  首都圏営業所
      メールは右上側のアプリから→
      TEL044-299-7464
      FAX 044-299-7464
      〒213-0033川崎市高津区下作延6丁目30番3−419号 


      ★インドネシア ロンボク島リンジャニ登山ツアーの説明会を行いました。

      0
        インドネシア ロンボク島リンジャニ登山ツアー(受注企画旅行)の説明会を

        富山市にて行いました。

        登山の流れと時間割、ベースキャンプでの設備などについて解説いたしました。

        また必要な装備について、書面リストでの確認だけでなくて、

        実際に持参する装備を持参しまして、お客様にお見せして、

        触ったりしてしていただきましたので、大変わかりやすかったと好評でした。

        世界でも珍しい、巨大なカルデラ湖&高所の絶景登山です。


        ★オリジナルの海外手配旅行は他とこれが違います。歩くエコツアー いきたび

        0
          ★オリジナルの海外手配旅行は他とこれが違います。歩くエコツアー いきたび

          歩くエコツアーデザイナー有吉寿樹が提案するオリジナル海外手配旅行は、他とこれが違います。(受注企画)

           

          ,客様2名以上のご希望を徹底的に伺うから他にはできないオーダーメイドの充実旅行です。

           

          ∧顕渋慮海ある

           

          8獣論験荵情に詳しいガイドを見つけます。

           

          ね漆は、地元で評判のお店を選んで、郷土料理を少しずついろいろな種類で召し上がっていただきます。

          日本の居酒屋スタイルです。

           

          よくある観光ツアーのようにセットメニューで全員同じ、

          量だけは食べきれないくらい多い、

          ということがないので、毎日の夕食が楽しみです。

           

          ジ獣郎濬纂圓箸慮鯲体験があります。

          現地在住者との会話(同行ガイド)

          滞在中は日本人にほとんど合いません。

          日本人であるとこを忘れるくらい現地に溶け込みます。

          帰りの日本ゆきの飛行機で多くの日本人を見て

          日本人だったことを思い出すくらいです。

           

          Ψ鮃の力になる。

          日常からの離脱による新たな刺激と感動が心の洗濯になります。

          歩いて遊ぶ、快、楽しい、癒しを通じて身体と心の活力、再創造へのエネルギーを充たします。

          人生への気づきがあります。

          自然と人との触れ合いの機会が豊富なので、

          異文化への発見と理解と、新しい自分への気づきがあります。

           

          Ъ遊型の旅程ではルートの選定に常に注意を払います。

           

          どのような訪問順序がお客様のご希望に適うのか?

           

          どの交通手段の利用がお客様のご希望に近いのか?

           

          いつでもじっくりお客様の夢、目標、希望を伺い、登山、ハイキングなど体験活動の旅程を組んでいきます。


          | 1/1PAGES |