★私たちのできること&ガイド実績★↓

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
        

月別ページ

★2013年第1回 技術向上研修会に参加しました。

0
    F1000301.jpg
    昨年に引き続き、所属するガイド協会の技術研修会に参加しました。

    技術研修にふさわしく、雨の中で、実施しました。

    トレーニングとは、できるだけ困難な状況で行うことで、

    トレーニングの時よりは実践の時の方がマシ、という状況で行う物と考えます。

    全体的にだいぶレベルアップして自信もつき、一連の動作がよりスムーズに行えました。

    技術向上は繰り返し練習を積むことが最も大事です。

    「マウンティンゴリラ登山学校」安村講師&事務局、アウトドアプラザ平川さん、
    素晴らしい機会をありがとうございます。

    今後ともご指導よろしくお願いします。

    ○場 所:日和田山(埼玉県日高)
    ○参加者:13名

    ○主な講習内容=固定(フィックス)ロープ&安全措置の技術習熟
    ●ビレイ横
    セルフビレイ
    .イドは、8の字で簡易ハーネスにザイルを繋ぐ。
    ▲汽屬魯▲鵐ーをとってセルフビレイして、ザイルでアンカーにムンターヒッチ(半マスト結び)で確保して、ガイドを進ませる。
    両手でザイルを出す。
    アンカーを作りながら、進む。アンカーはガースヒッチ。
    ガースヒッチの支点は、内側を通した紐が鋭角に曲がるように。
    ぅイドは、終点に着いたら、アンカーに流動分散して、セルフビレイ。
    ゥ汽屬亘端を8の字でアンカーに繋ぐ。
    Εイドはザイルを全部引き、張って、クローブヒッチ(マスト結び)
    Г客様にセルフビレイを張ったザイルに掛けながら進む。
    ┐客様全員通過したら、ガイドはアンカーをムンターヒッチ(半マスト結び)にする。
    サブはアンカーの8の字を外して、回収しながら進む。
    ムンターヒッチ(半マスト結び)を通すカラビナはHMSカラビナにする。

    ●ビレイアップ
    ビレイ横との違いは、確保にエイトカンを使う。
    エイトカンをアンカーにかける。
    ザイルを掛ける形は懸垂下降の形と同じだか、ザイルが1本になる。
    ザイル左側を手前に巻いてそのままアンカーのカラビナに掛けると、
    制動力が高まる一方、ザイルを出しやすいので、調整しやすい。
    技術研修会2
    ●ビレイダウン
    セルフビレイ
    アンカーに流動分散、8の字でザイルかける。
    ザイルはオーバーハンドノット(留め結び)を作っていく。
    間隔は、自身サイズで指先からヒジと肩の中間の間隔で。
    サブが先に降りて、現場の安全確認。
    降りるのがおぼつかないお客様には、簡易ハーネスに8の字をつなげて、
    アンカーにムンターヒッチ(半マスト結び)で確保しながら下ろす。
    両手でザイルを出す。
    ムンターヒッチ(半マスト結び)確認ポイント=カラビナにかけたザイルの下側を上に左から巻いてカラビナに掛ける。
    お客様を下ろしたらサブが8の字解除を手伝う。
    最後はガイドが懸垂下降で降りる。


    ●懸垂下降
    セルフビレイ
    ザイルの半分に印を入れる。
    アンカーにザイルの半分がくるようにする。
    ザイル末端から50cmくらいのところに結び目を作る。ザイルが足りないことを知らせるため。
    ザイル右に立つ。
    カラビナにかけたままのエイトカン大穴にザイルを通して小穴へ、
    カラビナからエイトカンを外して、簡易ハーネスに掛けた環付きカラビナに掛ける。カラビナでザイル1本を挟んで、エイトカンの環付きカラビナに掛けてザイルの捻れ防止。
    左手でザイルを掴む。左手を左お尻にあてる。
    環付きカラビナの環が上を向いていることチェック。
    セルフビレイ解除
    下降

    到着したら腰を深く下げるとザイルが緩んでエイトカンを外しやすい。
    エイトカンを外して、大穴をハーネスのカラビナに掛ける。
    エイトカンからザイルを外す。
    末端の結び目を外す。
    ザイルを引いて回収。
    技術研修会1
    ●ツエルトを張る細引き=3mX2本X太さ4mm

    全てにおいて、声だしを行う。
    常に練習してレベルアップに努力していますので、
    間違いありましたら、ご指摘歓迎です。

    全国からのお問い合わせ/コメントをお待ちしています。
    お問い合わせは、いつもいつまでも無料です。お気軽にお問い合わせください。



    →※ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあり、弊社からのお返事が届かないことがございます。いま一度ご確認ください。