★世界遺産登録で気になるハブの生態と避け方&リスク回避まとめ随時更新/奄美群島&沖縄やんばる 歩くエコツアー

世界遺産登録で年々注目度が高まる奄美大島、加計呂麻島、徳之島、沖縄本島やんばるです。世界遺産地域への自然に興味をもっていただき、その自然の中に歩いていって、触れる機会が増えるのは、素晴らしいことですが、そこに潜むリスクの回避方法が世界遺産地域外には、なかなか認知されていないようです。そのリスクとは「ハブの毒」です。

世界遺産地域では、ハブの毒が危険という告知は声高にされていますが、それではハブの毒の危険を避けるために、「ハブに出会う確率を減らす方法」の告知は、ほとんどされていません。ハブの毒の危険を避けるには、ハブにできるだけ出会わないにこしたことはありません。

例えば北海道の自然のリスクの一つであるヒグマを考えてみてください。ヒグマについての生態の情報は、巷によく溢れていて簡単にアクセスできます。そのため誰でも対策を立てることができます。

どういう訳かハブには、ヒグマのような生態の情報がほとんどありません。

そこで奄美群島、沖縄本島のガイド引率の経験からハブの生態とハブに出会わないための方法を随時まとめていきたいと思います。

ハブの生態

・梅雨明けから9月にかけて、暑すぎるので、日中の活動は鈍る。

・10月になると冬の活動停滞期間に向けて、栄養を欲しがるために活発に動く。

・暑い日はできるだけ風通しの良い涼しい場所を求める。例えば4月初旬の暑い日に林道のど真ん中に横たわっていた。

・獲物が多いので、人里での遭遇頻度が高い。

ハブに出会わないようにする方法

ハブの生態を知るために役立つメディア

テーマで歩く登山とハイキング 離島を歩く、花見て歩く、歴史を歩く 楽しく歩く 歩くエコツアー「いきたび」

詳細はカタログをご請求くださいませ。↓

お問い合わせ/ご予約044-299-7464/054-251-4681 受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのご予約とお問い合わせはこちら arukuecotour●hotmail.co.jp をコピペして、●の部分を@に変えてください。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA